【四日市市】在宅医療の啓発活動を支援します!【申請期間 7/1~8/7】

◆市民に向けて在宅医療を広める活動をしていただく方へ、啓発にかかる費用の一部を補助します。

 

<在宅医療啓発活動とは>
在宅医療の視点に立った医療と介護の連携、かかりつけ医を持つこと、がん治療における在宅療養、療養生活の選択肢の中に「入院」だけでなく「在宅」を加えてもらうこと、訪問看護、在宅での看取り、看取りの周知などをテーマに取り上げ、市民が在宅医療を身近に感じるきっかけ作りをしていただく活動です。

 

<申請できる人>
四日市市在住の人、または四日市市に活動拠点をおいている市民団体です。

 

<補助対象事業>
市内で行う講演会、討論会、イベント、勉強会等。

 

<事業実施期間>
令和2年9月1日(火)~令和3年3月31日(水)に実施する活動。

 

<補助対象となる経費>
(1)講師報償費(申請者が属する団体の会員に講師を依頼するなど、無償で講師を務めるべきものと判断される場合を除きます。)

(2)要約筆記および手話通訳報償費、託児・託老にかかる委託料

(3)事業にかかる事務費
●会場使用料および機器使用料(講演会場以外の使用は対象外とします。)
●印刷製本費(外部発注以外は対象外とします。)
●通信費(郵送料、切手代)
●消耗品費(チラシや配布資料作成の用紙代)

(4)その他市長が必要と認めた費用

 

<補助金額>
●(1)および(2)については全額
●(3)および(4)については補助対象経費の2分の1に相当する額
※補助金額は、(1)が上限3万円、(3)と(4)の合計が上限1万円、(1)~(4)の合計額は上限6万円とします。(千円未満切捨。予算額68万円)

 

<申請期間>
令和2年7月1日(水)~令和2年8月7日(金)  ※健康福祉課(必着)
申請書(第1号~第3号様式)を提出してください。(郵送可)

 

<審査>
補助金交付については、応募書類を審査会に諮り、補助金交付の可否を判断します。審査会の結果は8月下旬までに通知させていただきます。

 

<募集要項・申請書の配布>
募集要項・申請書は、健康福祉課、各地区市民センター、市民窓口サービスセンターで配布しています。また、下記URLにてダウンロードすることも可能です。

※その他詳細及び募集要項のダウンロードは下記URLにてお願い致します。
https://www.city.yokkaichi.lg.jp/www/contents/1590995313925/index.html

 

<お問合せ先>
健康福祉部 健康福祉課
三重県四日市市諏訪町1番5号(本庁舎3F)
TEL:059-354-8281
FAX:059‐359‐0288
E-mail:kenkoufukushi@city.yokkaichi.mie.jp