一般社団法人 タッピングタッチ協会

基本情報

フリガナ
タッピングタッチキョウカイ
代表者
中川 一郎
活動分野
健康・福祉
活動紹介
タッピングタッチとは、ゆっくり、やさしく、ていねいに、左右交互にタッチすることを基本としたホリスティック(全体的な)ケアです。タッピングタッチの実践と普及をとおし、個人・家族・地域社会の健康を向上させていくことを目的としています。
・全国でタッピングタッチ講座の開催
・認定インストラクターの養成
・全国で体験会開催やボランティア活動の実施
・学会発表
・被災者支援
・海外での実践や普及活動
団体PR
2011年に起こった東日本大震災では、タッピングタッチが被災者の不眠などの対応に優れていることがNHKの「ためしてガッテン」などで放映されました。放映以降、広い範囲で利用され、ケアのニーズや必要性が認識されはじめました。タッピングタッチは人から人へと自然に伝わり、広がっていく種のようなものです。あなたもタッピングタッチの種をまいてみませんか。
活動場所・地域
全国
活動日時

 
 

会員情報

会員数
500名
うち男性
うち女性
年齢層
20~70歳と幅広い
会費
5,000円

 
 

連絡先

担当者
中川 祥子
フリガナ
ナカガワ ヨシコ
電話番号
059-328-5350
FAX番号
メールアドレス
info@tappingtouch.org

 
 

備考