【R3年度三重県事業/なやプラザ事業】市民団体によるコロナ禍での活動を検討する in 四日市 ~コロナ禍を振り返り、今後の活動につなげよう~【2/11】

コロナ禍で活動しづらい日々が続いています。
そんな中、「新たな日常に即した活動」をしている市民団体があります。
他の市民団体は、どんな工夫や知恵を出して活動しているのでしょうか。
そして、どんな新たなつながりや価値が生まれたのでしょうか。
活動事例や困りごとなどを共有し、これからの活動につなげよう!

<内 容>
・コロナ禍での活動事例紹介
・事例紹介で学んだことや気づいたこと、自分たちの団体で活用できそうなことなど共有
・活動で困っていること・出来ることの共有
・交流(自由時間)
<活動事例発表団体>
・一般社団法人 あした葉…「コロナ禍でのコミュニティカフェ立ち上げ」
・四日市Dサポート…「オンラインによる認知症カフェ」
・梅が丘自治会…「自治会のデジタル化」
・Book Of Nature Club/(株)うつべ農園…「コロナ禍でのイベント開催」
<日 時> 2月11日(金・祝)14:00~16:00
<場 所> 本町プラザ 2階 第1会議室(四日市市本町9-8)
※なやプラザ(本館)ではありません、お間違えないように。
<参加対象> コロナ禍での活動を参考にしたい方・団体
<お申込方法> 下の申込フォームよりお願いします。
<定 員> 20名(参加費無料)※マスクの着用をお願いいたします。
<主 催> 三重県
<実施主体> みえ市民活動ボランティアセンター/四日市市なやプラザ
<お申込み・お問合せ先> 四日市市なやプラザ(本館)まで